きょうの善念

この度、石川県の地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

江戸時代の有名な和尚さまに良寛禅師という方がおられました。その良寛さまに、災難に遭わない術をきいたところ良寛さまは「災難に遭う時には災難に遭えばよき候死ぬ時には死ねばよき候」とお答えされまた。

人間は生きている以上想像を絶する苦難を引き受けなければならない時があります。それは生きているという事の証拠のようであります。お釈迦様は人生は苦しみだと申されました。

この人生に希望を抱き、楽しみをもとめ人生を謳歌してる時にはこの言葉が邪魔くさく通りすぎていきますが、いざ人生の大きな壁にぶつかり絶望に叩きつけられ、何をやっても楽しみはなく。

モノクロの無機質な世界に閉じ込められてしまったとき、いよいよこの人生は苦だと言われたこの言葉が輝くのです。

人間は孤独です。たった独りで生まれ、たった独りで死にます。どれだけ心通じ合う仲間や恋人や連れ合いがいようとも、最後に向き合うのはこの頼りない自分と向き合わねばなりません。

それこそ想像を絶する苦しみであります。そんなわたしの心の奥の底の底まで知り尽くし、その底から抱き抱え共に歩んでくださる存在が仏様です。

その仏様の存在に出逢えたときに良寛さんのお言葉の「災難に遭おうとも死に遭おうとも」というそのままを受け止めていくお心がわかってくるのかもしれません。

今年はどのような年になって行くのでしょうか。誰もが予想もつかない明日を迎えるかもしれませんが、できる事は限られています。その限られた中で精一杯生きたいと思います。

合掌

善念

ブログ

悪魔と対決

責めたい 責めたい 怒りたい むかついている 気づかないお前の目をさませたい 傲慢なお前の鼻をへし折り 反省させたい。 お前が泣きながら謝るまで 僕は戦いたい。 きっと君は牙を剥いて 僕に噛みつき そのあとは逃げていく …

愛虚 

今日という日が、重くるしい 希望は全部まだらにきえた、 全部嘘だとひっかいた壁に 生卵でもぶんなげてみた 愛のかけらを拾い集めたのは きっと君が宇宙からの使者だと思ったからだ 僕は嘘つきになって君を 傷つけた。 どうせな …

善念 1stソロアルバム「君は僕の菩薩だぜ!」

 

これぞオルタナ・仏教フォークの極み!

善念 1stソロアルバム「君は僕の菩薩だぜ!」

2018年6月16日(土)全世界のApple Music (iTunes)、Spotify、Amazon、Google Music, etc..で、&DL配信、ハイレゾ(高音質)配信リリース。

【試聴】

【CD】 タワーレコード | HMV | Amazon  | ミディレコードクラブ


【ダウンロード配信中】

iTunes Store | Google Play Music | music.jp STORE | ORICON


【ハイレゾ配信中】

レコチョク  | e-onkyo music | ototoy| mora


2018年7月20日(金)ストリーミング配信開始!

・Apple Music
・amazon
・Spotify
・レコチョク
・KKBOX
・AWA
・LINE MUSIC
・Google Play Music
・うたパス
・SMART USEN
・Rakuten music


善念 – 君は僕の菩薩だぜ!(MP-10432)【収録曲】

1. 君は僕の菩薩だぜ
作詞・作曲:善念 / 編曲:ダバシュー・本田
2. ご縁ソング(子どもたちよ〜)
作詞・作曲:善念 / 編曲:ミチコ・ヒル
3.IKITAI
作詞・作曲:善念 / 編曲:松浦光也
4. 愛はない
作詞・作曲・編曲:善念
5. ええなぁブルース
作詞・作曲・編曲:善念
6. オッチャン
作詞・作曲・編曲:善念
7. 朝が来て
作詞・作曲・編曲:善念
8. 私は愚かな人間です
作詞・作曲:善念 編曲:ダバシュー・本田
9. 明日はれるや
作詞・作曲:善念 編曲:ダバシュー・本田

【アルバムクレジット】

Zennen:
lead vocals, acoustic guitar, Tombo Harmonica and M Hohner Harmonica

Davashu Honda:
Acoustic guitar and song arrangement on track #1,8 and 9
Michiko Hill:
Steinway 9ft.”D” Piano,electric keyboards and song arrangement on track #2
CoroHana:
Drums programming and electric keyboard on track #1,8 and 9
Mitsuya Matsuura:
Acoustic guitar on track #3, electric guitar on track #1, #2 and song arrangement on track #3
Peewee Hill:
Bass
GINTE2:
Background vocals

Produced by Yoshio J. Maki

Tracks are recorded and mixed by Peewee Hill and Yoshio J. Maki at Master’s Crib Studio, Pasadena, California. / Acoustic guitar on track #1,8 and 9 recorded by Davashu Honda at Davashu’s Studio, Davao City, Philippines. / Acoustic and electric guitar on track #1,2 and 3 recorded by Mitsuya Matsuura at Mitsuya’s Studio, Fukuoka, Japan. / Vocal tracks and acoustic guitar and harmonica recorded by Masanori Ihara at Studio J, Tokyo, Japan. / Tracks mastered by Jim Scheffler at Mix Place, Santa Clarita, California.

Cover photo by Motohiro Hisano
Design by Tadakazu Mogi at Green House, Tokyo, JAPAN.
Calliraphy by Eiko Masamoto
Self portrait illustration by Zennen
Recording contractor: Akiko M. Meadows (MMP)

Correspondence: 
MMP, A division of Maki Music Production, Inc.
P.O. Box 3275 Winnetka, California 91396-3275 U.S.A.  www.makimusic.net/

All songs written by Zennen
All songs © 2018 Timo Music Publishing/ASCAP and Yano Music Publishing CO., Ltd./JASRAC
© 2018 MMP., A division of Maki Music Production, Inc.