世の中は・・

世の中は忙しい 朝から晩まで忙しい 人と人が交差して交差して 触れ合うこともせず 会釈することもせず 怖い顔して 靴音だけをカツカツと 鳴り響びかせてる 人だけじゃない 虫たちも 生まれた瞬間から 生き伸びるために 一瞬 …

10月の法話〜自由という危険な世界に放たれたのちも自分自身を見失わないように

気ずけば急に肌寒ささえ感じる季節になりました。しかし季節があるということは、とてもいいことですね。 自分では乗り越えれなかった問題や忘れられないようなことも、季節が変わるその流れの中で、少しだけ溶かされていくような感覚に …

今の時代は希薄なものやノリのいいもの

とにかく思想のないようなものがどんどんはやっていきそのような人がもてはやされている。 その一つの原因はSNSによって誰でもはっしんできることによるそこで流行ってるものは、その時代の精神レベルを象徴しているものであろう モ …

7月の法話〜ちいさなやさしさから始めよう

もうきづくと今年も7月。しかしまだまだ梅雨ムードで7月になっているという感覚を持てない。 先日大雨による土砂崩れでの甚大な被害が出ました。何度も訪れたことのある熱海の町が土砂で流されていくのをテレビで見て、何とも言えない …

権力を後ろ盾にして語るものは、くそであります

権力を後ろ盾にして語るものは くそであります。 生温いうわついたものであります 破滅にいたるものであります 権力と結びついた瞬間から そのものが持っている 本質的な意思は失われ 意義はなくなるのであります。 だからこそ …

oyasumi

深夜に眠れずディヴヴァンロンクを聴いている 明日は朝から葬式だ、 悲しいのか悲しくないのか もう無感覚になってきた それはわたしの一つの役割なのだ 黒い衣を見に纏い 遠い土地にむかう ただ開式の時間に間に合えば、それで仕 …

精一杯の愛を

犬は犬で飼い主を 喜ばそうと顔や口をペロペロ舐めてくれる 不潔かもしれないけど 犬なりに精一杯の愛を捧いでくれる 子供は子供で 親を喜ばそうと手紙や絵を描いてくれる 汚い字や下手くそな絵だけど 子供なりに精一杯の愛を捧げ …