宗派とか宗教という枠組み

宗派とか宗教という枠組みに
カテゴライズされる事は
大きな世界から見たらどう映るのだろうか
自分と違うものを拒絶したり非難したり
それは愚かすぎる事である

あるタイの老師に聞いてみたら
師は言われた

人間は同じ状況の上に成り立っている
それは
地、水、火、風
である
誰もがこの条件で成り立っている
わかりやすくいえば、
肉や骨、血や水分、熱、空気
がわたしの肉体を維持している
ちなみにこの地球も同じである
全く同じ状況下にあるので
真理もまた同じく当てはまる

人は生まれれば必ず老いて病になり死ぬ
この同じ条件を引き受けているのに
人種や民族や宗教の違いはないと、
教えていただいた。

全くその通りである。
金子みすずさんの
みんな違って みんないい
というこの言葉は
これからの時代を照らす言葉になるだろう

善念 – Zennen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA