今、おもう

一滴の水も粗末にすることなく
一粒のお米も無駄にすることなく
一つ一つに手をあわせ
頂かなければならない

この地球は今苦しんでいる
身勝手な人間に痛めに痛め続けられ
悲鳴をあげ暴れ出そうとしている

この地球に額を擦りつけ
わたしは謝りたい
何千回何万回とも
謝ろう

地球はわたし達に、素晴らしい恵みを
贅沢なくらい与え続けてくれたのに、
わたし達は、そんな恩恵なんかよりも
人間が創っていくものばかりを賛美した。
そして、不完全な人間が神になった。
支配欲は地球をも超えて宇宙までに向かっている

この世には触れてはいけない領域というものがある、
そこに触れようとした瞬間全ては破壊する。
必ず破壊する。

もう一度立ち止まって欲しい。
わたしのいただくこの空気
わたしのいただくこの水
わたしのいただくこの光
わたしのいただくこの大地
全ては無償にいただいてるが故に
軽んじてはいないだろうか。

お金の価値で物事を見ては本質はわからない
無償のものこそ、わたし達の生命の源であり
大切にしなければならないものだ
どうか、根本を見失わないで欲しい。

一滴の水に手を合わせ。
一吸いごとのこの空気に
手を合わせたい。

合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA