日々のお勤めから想う

日々の祈りが無ければ
くすりに頼らなければならないほど
この世は我々を困惑させる
科学技術の進歩に人間は
心と価値感と己を犠牲にして
ツイツイコマーシャルの世界に没入してしまい
取り残されない為に振り回されている
少しでも置いていかれれば
生きている価値の無いものだと
自分自身を追いこんでは、
その時流に負けじと、走り続けることへの
不安と恐怖と優越感が自分を奮い立たせるが
心はとっくに荒んでいく、はしる脚が速ければ速いほど、
情報処理能力が長けていれば長けているほど、
心は荒み誰かを見下す事でしか、
自分の清涼剤は無くなってしまう。

日々の祈り
日々のお勤めがなければ
わたし達はただ、死を急ぐばかりだ。
生きることはシンプルでよい。
あなたとわたしと大いなるものさえあればよい
そして日々は欲張らず目の前の事を大切に大切に
こなして勤めあげればいい、
余計な知識はいらない

それこそがこの世の濁流にのまれない生きかただ、

ただただ今日もふたつの手のひらを合わせよう。

 善念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です