ノイローゼの仲間が

わたしを謗って非難して
出て行って仲間が
行き詰まるたびに
わたしのところにくる
わたしはその度に大切に迎え
色々な手立てを考えるが
そんなわたしにまた後ろ足で砂をかけて
去っていく。
わたしに権威がないから
世間的地位がないから
その地位とは伝統的な狭い枠組みでしか
認められないくだらない
勲章がわたしにはないから

わたしの言葉を全て馬鹿にして
薄笑いで またさまよっていく
悲しい 悲しい存在だ

だが結局 ノイローゼになり
行き詰まり 死にかけて 
挫折するたびにわたしを訪ねる

また今回も大切にもてなし
精一杯のアドバイスをしたが

多分わたしのアイデアのいいとこばかりとって
また1人で何かを企むのだろう

悲しい存在だ。

自分にこだわり
権威にこだわり
伝統にこだわり
本質が見えない

悲しい存在が

わかった振りで
また上っ面の言葉や思想に
取り憑かれたながら

今を見れず
最後は首をくくってしまう。

そろそろきずいてくれ!
上昇思考があるが故に人を見下すのは辞めろ

どこまで歩いても
地獄の地べただと悟れ!
差別をするな!

どんな職業でも、悟ている人はいる
だから
決して学歴や職業で人を見下すな!

ゴキブリにでも耳をすませ!!

彼に会うといつも虚しさに襲われてしまう、

そんなわたしはまだまだ愚かな人間なんだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA