生きていく権利

この日本の国に生まれたことは事実でも
生まれた場所によって安心に
平和に生きる権利を与えられないこともある

この日本の国にうまれても
生れ落ちた両親によって安心に
平和に生きる権利を与えられないことがある

生きる権利は平等でも 
生きていくことが難しいような環境がある

この日本に生まれたことは事実でも
生まれた 血筋によって 
心通う友達が限られてしまう事がある

この日本の国に生まれたことは事実でも
生まれた時代によって 
光と影のどちらかになってしまう事がある

いつも誰かの犠牲を作りながら、私たちは生きている
犠牲を 犠牲と知らず 
自分の力で生きているように思いちがえる

愚かな人の罪は多くの犠牲を作り 
この犠牲を学ばずまた大きな犠牲がうまれ
懺悔なき日本に 生まれて 
懺悔なき国の未来を仰ぐ
小さな瞳がすこしづつ 
汚れていく

安心に平和に生きる道は 
自らみつけださねばどこにもない
見つける大きな手助けは 
過去の先達に学ぶことに尽きる

ただただ私はそう信じてまた歩く

 善念


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です