精一杯の愛を

犬は犬で飼い主を
喜ばそうと顔や口をペロペロ舐めてくれる
不潔かもしれないけど
犬なりに精一杯の愛を捧いでくれる

子供は子供で
親を喜ばそうと手紙や絵を描いてくれる
汚い字や下手くそな絵だけど
子供なりに精一杯の愛を捧げてくれる

花は花でわたしを
元気づけようと、花びらを自分の持っている
一番美しい絵の具で染めて、咲かしてくれる
誰も見てない、みち草の花でも
花なりに精一杯の愛を捧いでくれる

さてわたしはどうだろう。
いつももらう事ばかり考えていないだろうか

さてさてわたしはどうだろう。
いつも損か得かばかりで
日がくれてしまってはいないだろうか。
そんな生き方はつまらなく虚しいものだ

かっこ悪くても自分の持っているものを振り絞り
精一杯愛を捧げていきたい。

それがどんなくだらないガラクタでもいいから
とにかく誰かの為に
精一杯生きていこう。

合掌

善念 – Zennen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA