oyasumi

深夜に眠れずディヴヴァンロンクを聴いている
明日は朝から葬式だ、
悲しいのか悲しくないのか
もう無感覚になってきた

それはわたしの一つの役割なのだ
黒い衣を見に纏い
遠い土地にむかう
ただ開式の時間に間に合えば、それで仕事は終わりなのだ、切ないようだが、それがなかなかの仕事なのだ。

僕はディヴヴァンロンクを聴いている
僕はディヴヴァンロンクを聴いている
違う角度からディランに触れたいからだ。

僕はディヴヴァンロンクを聴いている
僕はディヴヴァンロンクを聴いている
何故かとっても知ってる人に感じる

それでは明日がくるまで、息をひそめて
闇に隠れて眠ろう
おやすみ

善念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA