誰かの批判を恐れて 自分を隠していきるのはやめよう

誰かの批判を恐れて
自分を隠していきるのはやめよう

誰かの悪意に足を
ひっかけられるのをおそれて
消極的にいきるのはやめよう。

人を馬鹿にして、
揚げ足をとることばかりでしか
自分の立場を築けない愚かものから
逃げないで、
馬鹿にされていよう。

人前で何かを発信するものは
くじかれるものだ

だからなじられていよう
たった一人大衆の前でなじられ、
馬鹿にされ
笑われるという経験は
とても悔しい経験であるが、
だからといって 嘲笑うものばかりが
正しいわけではないことを悟り
その大衆におもねって
媚びいることはしないで
生きよう
自信を打ち砕かれ、
自分が積んできた積み木は
バラバラに砕かれようとも、
自分に嘘をついて、
媚びいることはしないで歩こう

馬鹿でいる事はかなり
根性のいる事ではあるが
この馬鹿の上にも
必ず朝日はのぼるのだから

腐らず、空を仰いでいよう。

そんな先人達を仰ぎ、
拙い私をまた歩ませよう

 善念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です