恥ずかしいこと

生きるというのは
恥ずかしい連続でしかないのかな
そこを隠して格好つけるから
くるしくなるのかもしれないなあ
究極は人前でうんこを
もらせるかどうかかもしれない
これさえクリアできてしまうと 
無敵だったりするかもしれん

おれは子供のころに何度も
うんこをもらしてしまい 
恥ずかしい思いをした
うんこをもらしたままの帰り道に
女子二人が私の後ろを歩いていたから、
ばれるんじゃないかと何度も振り返ったら、
気持ち悪がられ 俺が立ち止まると 
向こうも立ち止まり
ひそひそと不気味な俺を揶揄したが 
俺はただうんこが落ちないか
心配で仕方なかっただけで
お前たちの事がかわいいとか
気になってるわけじゃないから、
おれを早く通り過ぎろ!!
とばかり思いながら 
最終的には少しづつおちていくうんこに
気付かれてきゃーーって逃げられた。
お前らだってうんこするくせに!
とおもいながら 
人生の陰影なるものを
少しづつ感じる帰り道

いつか帰り道のブルースを作ろ。

いろんな場面で
恥ずかしい思いは人間するんだけど
産まれてきたことが
そもそも恥ずかしいことなんで、
まあこれは俺の持論だから
人生留年したからもう一回
人間やらされていると思うと 
お恥ずかしくうまれてきたのだ
まあこの手の話はややこしくなるからやめよう
しかし この肉体はなかなか
意に反することばかりしたがる
食べたら 体からは汗や尿や
うんちや垢や色んなものが
毎日毎日ダラダラと出てくるんだから 
そんなかっこいいわけがない 
めしを食うことだって 
冷静に客観視すると
何してんだろうて気になることがある
決して格好つけたからって 
もぐもぐ喰ってる自分て本能的行為だから
やはり動物みたく見えたりもするよね 
だから人間らしく食べるためにマナーとかして
きれいに喰わなきゃならねえ
のかもしれねえけど 
日頃腹減っていたらそんな余裕なくなるよね
腹減ってる時の人間の眼差しほど
怖いものはねえよ 
真剣そのものだもん
ラーメン食うときもどんぶりものを
かきこんで喰ってるとことかも
なかなか見てられないほど
あさましく見えるときがあるよね 
おれなんて そんな姿人に見せたら
一気に冷められて終わるだろうな 
それでもおれらは 
そんな姿を気づかず
あるときは隠しながら
澄ました顔でいきているんだよ
そういえば、仏教でも恥じらいという心は
人間である条件の一つとしている

 善念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です