彼岸に想う

みんな同じ船に乗って
彼の岸に向かって
ひたすら漕いでいる

漕いでいるうちに
何のためにこいでいるのか

どこに向かってこいでいるのか
わからなくなる

だからたまには
ゆっくりと
自然の中で大の字になり
月を眺めてみるのもいいだろう
こんな自分を片時も忘れずに

照らし続けてくれてる

存在にたまには感謝することも必要だろう

お彼岸は
いつも無意味に忙しくして、周りが見えなくなったてしまった
わたしが立ちどまりまた
人生を修正する為の大切な時期

またこの時期に亡き方を偲び
亡き方が残されたものを
見つけ返そうと思う

生きとし生きるものが
智慧の灯をもち
穏やかな日々を過ごせますように

合掌

 善念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です